応援に行こう!
No.011 09/07/15 UP 第80回都市対抗野球大会九州予選を終えて 応援団長・リーダー
No.010 09/06/30 UP 平成21年度応援団 チアリーダー
No.009 09/06/03 UP 平成21年度応援団
No.008 07/10/10 UP もしかして新記録!?(25球/打席)
No.007 07/09/04 UP 第78回都市対抗野球大会(東京ドーム)を振り返って
No.006 06/09/06 UP 第77回都市対抗野球大会(東京ドーム)を振り返って
No.005 06/07/06 UP 第77回都市対抗野球大会 九州地区予選を振り返って
No.004 05/06/10 UP 応援団
No.003 05/04/15 UP 沖縄キャンプ
No.002 05/01/01 UP 密着!!日本選手権大会
No.001 05/01/01 UP これを見て、あなたも大阪ドームへ応援に行った気分に!!
No.005 第77回都市対抗野球大会 九州地区予選を振り返って 2006/07/06
 ■2回戦 長崎市総合運動公園 かきどまり野球場 2006/06/18
てるクリニック
  00020100=3
  10214002=10
三菱重工長崎
(八回コールド)

長崎市で6月17日に第77回都市対抗野球大会九州地区予選(日本野球連盟九州地区連盟、毎日新聞社主催)が開幕した。
当日の天候は雨で開催が危ぶまれたがが、大会副会長の和仁正文・当所長による始球式で無事に開幕をした。
三菱重工長崎造船所硬式野球部は、2回戦の18日に市営かきどまり野球場の第3試合で、てるクリニック(那覇市)と対戦した。

一回に先頭の久米健選手(国学院大)が左中間三塁打で出塁し、
村上竜太郎選手(熊本工大高)の犠飛で1点を先制した。
公式戦に初先発した夏迫惇投手(鹿児島商高)が好投。
追加点がほしい中盤の五回に、川本竜二選手(創成館高)の2点適時二塁打などで4点を挙げ、突き放す。
さらに、八回に松尾大吾選手(九州産業大)の中前適時打などで2点を取り、コールド勝ちをおさめた。
初戦をかざった牧瀬寅男監督は、毎日新聞社のインタビューに、「選手たちは少し硬くなってたかな。
でも、まずは勝つこと」と、好機は作るものの14残塁、さらに守備の失策にも不満は残ったが、 地元開催での初戦の重要性を強調し「五回の攻撃で、打線がつながって4点取れたことが収穫」。
次への勝利へ向けて手応えを感じたようだった。

 ■準々決勝 長崎県営野球場 ビッグNスタジアム 2006/06/19
九州総合スポーツカレッジ
  0000000=0
  524000×=11
三菱重工長崎
 (七回コールド)

準々決勝は6月19日におこなわれ、県営野球場の第2試合に登場した当所野球部は、 九州総合スポーツカレッジ(大分県宇佐市)を投打にわたって圧倒し、 11―0でコールド勝ちを収めて準決勝進出を決めた。

試合は、当所のダイナマイト打線が爆発した。
一回、村上竜太郎選手(熊本工大高)の右前打と2四球で満塁とすると、鈴木勘弥選手(日章学園高)が投手強襲の適時打を放ち先制。
その後、衛藤貴典選手(九州東海大)、野口心選手(創成館高)も適時打を放ち一回だけで5点を先取した。 さらに二回には2点を追加。
三回には開田博勝選手(法政大)の2点本塁打を含む4点をあげ、この回までに11点の大量得点で試合を決めた。
 投げては、主戦の山中俊介投手(中央大)が期待に応える好投。
五回までを無安打に抑え、木下貴哉投手(明治大)、後藤隆之投手(九州東海大)との零封リレーで、九州総合に野球をさせずに完勝した。
 試合後の毎日新聞社のインタビューでは、山中投手は「今日の出来は70点」と辛口の自己評価で、大勝にも気の緩みはない。
伊藤大輔主将(法政大)は「気持ちはもう明日に行っている。
チームの調子は順調。ここまで来たらどんなことがあっても必ず勝つ」と答え、球場を後にした。

 ■準決勝 長崎県営野球場 ビッグNスタジアム 2006/06/20
三菱重工長崎
  102100102=7
  000000300=3
沖縄電力

大会4日目20日、準決勝がおこなわれ、当所チームは、沖縄電力(沖縄県浦添市)と対戦。
序盤から小刻みに点を重ね、終盤はベテラン後藤隆之投手(九州東海大)の好救援で沖縄電力の反撃をしのぎ、7―3と快勝し第一代表決定戦へこまを進めた。


 ■第1代表決定戦 長崎県営野球場 ビッグNスタジアム 2006/06/22
JR九州
  100010001=3
  000000000=0
三菱重工長崎

大会第6日目の22日、当所チームは第1代表決定戦でJR九州(北九州市)に0―3で敗れ、第1代表の座を逃した。

3年連続で同じ顔合わせとなった第1代表決定戦。
昨年、一昨年の雪辱を果たすべく臨んだJR九州との対戦は、攻守がかみあわないまま3年連続の敗北を味わうこととなった。
試合内容は、投打ともほぼ互角だったが、要所でミスが出た。
一回と五回はエラーからの失点。
攻撃もバントミスやダブルプレーでチャンスを生かせず、打線は最後まで波に乗れなかった。
試合後の毎日新聞のインタビューで、牧瀬監督は「流れがこっちに来そうなところでミスが出てしまった」と試合を振り返る一方、「ミスしたことはもう終わり。
明日また気持ちを切り替えてやります」と話した。
第2代表決定戦の対戦相手も昨年と同じホンダ熊本については、 「相手のことは全部わかってる。ここまできたら気持ちの勝負。必ず勝つという強い気持ちを持って臨むだけ」と 強い意気込みを示した。


 ■第2代表決定戦 長崎県営野球場 ビッグNスタジアム 2006/06/24
三菱重工長崎
  013000200=6
  000000001=1
ホンダ熊本

雨で一日順延となった最終日の24日、三菱重工長崎(長崎市)は第2代表決定戦でホンダ熊本(熊本県大津町)と対戦。
伊藤大輔主将(法政大)の本塁打で攻撃の口火を切ると、14安打の猛攻で相手を圧倒した。
投げては手嶋亮介投手(東海大五高)が危なげないピッチングで完投を果たし、ホンダ熊本を6―1で降した。
2年連続14回目の本大会出場に、喜びに沸くスタンドの応援団が見守る中、胴上げを受ける牧瀬寅男監督の体が宙を舞った。
曇り空を晴らすような歓声と共に色とりどりのテープが投げ込まれ、スタンドでは、大勢の社員や家族、そして地元の野球ファンが選手たちに大きな歓声で健闘を讃えた。
応援団長の関純一朗さん(20)は「東京ドームでは選手と一体となって勝ち進みます!」。
牧瀬監督の胴上げが始まると、風車がデザインされたお揃いの応援Tシャツを着た新入社員たちも、応援団と一体となって大声を出して喜びを爆発させた。